WordPressのウィジェットを使いこなす

もくじ

テーマによって、ウィジェットエリアの数は違います

例えばblanc note.には9箇所ウィジェットがあり、お好きな場所に機能を加えていただけます。 blancnote-layout

どんな機能があるの?

WordPressに元から入っている機能は下記です。 プラグインをインストールすると、プラグイン特有の機能を使えることもありますが、この記事ではWordPress 4.7.5時点で使えるウィジェットについて説明しています。 左側の画像は、[外観]→[ウィジェット]の設定画面。 左側の画像は、実際に設置したイメージになります。

RSS

他のブログの更新情報を読み込むことが出来ます。 複数ブログを運営していて、他のブログの更新情報も見せたいときに場合に便利な機能。 widget-rss

カテゴリー

投稿カテゴリーの一覧を表示します。 widget-category 表示順を変えたい場合はプラグインを使います。

タグクラウド

投稿で使っているタグの一覧を表示します。 実はタグだけではなく、カテゴリーを選ぶこともできます。 widget-tag

アーカイブ

月別アーカイブを表示します。 日記を書いている方は必須ですね! widget-archive

固定ページ

固定ページの一覧を表示します。 表示したくないページのIDを入力すると、一覧に表示されないようになります。 個人的にはカスタムメニューをオススメしています。 widget-page

カスタムメニュー

メニューで作ったメニューを、呼び出すことが出来ます。 widget-custommenu こちら、固定ページを使っていると見せかけて、「カスタムメニュー」を使っています。 固定ページを使うと、順番を並べ変えれなかったり、ページの表示非表示が一手間かかるからです。

カレンダー

マンスリーカレンダーを表示します。 こちらも、いわゆるブログには必ずついてます。 日記を書いている方にはありがたい機能ですね。 widget-calendar

テキスト

自由な文書をいれることができます。 広告を入れるも導線を貼るにも便利。 HTMLタグも使えますよ。 widget-text

メタ情報

ブログを書く側にとっては便利な、ログインページへのリンクなどを表示することができます。 ただ、お客さまにとっては無意味ですので、わたしはオススメしません。 widget-meta

最近のコメント

最近コメントついた記事とコメントが表示されます。 たくさんコメントのつくブログには、入れておきたいですね! 動きの無いブログの場合、賑わっていないように見えるので、表示しない方がナイス。 widget-comment

最近の投稿

日付順に最近の投稿が表示されます。 widget-post

検索

ブログ内検索の窓が表示されます。 widget-search

ウィジェットを追加する方法

[管理画面]→[外観]→[ウィジェット] [管理画面]→[外観]→[カスタマイズ]→[ウィジェット] のいずれかから追加することができます。

パソコン

左にあるウィジェットを右のウィジェットエリアへ[ドラッグ&ドロップ] widget-add-pc

スマホ

[利用できるウィジェット]を選ぶ [ウィジェットを追加]することで、付け加えることができます。 widget-add-sp

ウィジェットの場所を変更したいとき

パソコン

移動したいウィジェットエリアへ[ドラッグ&ドロップ] widget-move-pc

スマホ

[並べ替え]を選びます。

ウィジェットを消す方法

[管理画面]→[外観]→[ウィジェット] [管理画面]→[外観]→[カスタマイズ]→[ウィジェット]

パソコン

方法1)消したいウィジェットを、ウィジェットエリアから左の列に移動します 方法2)ウィジェットエリアで、消したいウィジェットをクリックし、[削除]を押します

スマホ

ウィジェットエリアで、消したいウィジェットをクリックし、[削除]を押します

おわりに

ウィジェットを入れ替えるだけで、かなり自在にブログの要素を入れ替えることができます。 まだ、ウィジェットを設定していないという方は、ぜひお試しくださいね!]]>