サイトを育てるBackWPup&DropBoxで大切なデータをすべてバックアップ

  • WordPressの設定
  • 記事
  • アップした画像
  • テーマ
  • プラグイン

を、まとめてバックアップする方法をご紹介しています。
バックアップする方法はたくさんありますが、一番てっとり早いのが、
「BackWPup」というプラグインを使う方法です。
その中でも、「Dropbox」に保存する方法をお勧めしています。

バックアップの下準備! BackWPupをインストール→有効化

管理画面>プラグイン>新規追加から
「BackWPup」を検索して、インストールしてください。
インストールが完了したら、「有効化」というボタンを押してくださいね。

BackWPupに新規ジョブを追加

管理画面>BackWPup>ジョブ: 新規ジョブ

ここはこのままでOK。
ジョブ名はお好きにどうぞ。

ジョブの伝送先(バックアップの保存先)


バックアップファイルの保存方法
✔️DropBox
を選んでします。

DropBoxというタブが増えます。

どうしてDropBoxにバックアップするの?

MySQLデータだけ保存するなら、メールに送るのが手っ取り早いのです。
ですが、WordPressの設定や記事の本文だけではなく、まるっと全部バックアップしたいですよね。
アップロードした画像・テーマ・プラグインもアップを含めると、データ量が重くなります。
ちなみに、Luelueのデータは450MBあり、メールでは送ることができませんでした(笑)。

  • WordPressのフォルダにアップロード
  • FTPバックアップ

という方法もあります。
ところが、これらの方法では、サーバートラブルが発生したときに、バックアップデータごと消えてしまう可能性があります。
だからこそ、WordPressを保存しているサーバー以外を選びたいのです。

BackWPupとDropBoxをつなぐ設定をする

DropBoxのアカウントをお持ちでない方は、「アカウントを作成」をクリック
DropBoxのアカウントをお持ちでない方は、「アカウントを作成」をクリック

DropBoxをお使いでしたら、先にログインしてください。

DropBoxのアカウントをお持ちでない方は、「アカウントを作成」をクリックしてくださいね。

Dropboxのアプリへのアクセスでコードを取得

DropBoxのアカウントをお持ちでない方は、「アカウントを作成」をクリック
アカウントをお持ちの方は「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリック


「Dropboxのアプリへのアクセス」の横にある、[Dropboxのアプリ認証コードを取得]というボタンを押してください。
DropBoxのホームページが開きます。

許可を押してください。コードが表示されます。

表示されたコードをコピーしてください。

BackWPupにコードをペースト

変更を保存

BackWPup に移動し、先ほどのコードをペーストして、
をクリックしてください。

認証済みになったら完了です。

WordPressのバックアップを実行してみる

バックアップが始まります。
バックアップが始まります。

認証済みになったら
BackWPup>ジョブ
「作成したジョブ」をクリックしてください。

プログレスバー(進行状況がわかるバー)が出るので、のんびりまってくださ〜い!

DropBoxのバックアップを確認する

バックアップが完了したら、BackWPup>バックアップを見ると……
DropBoxに保存されたファイルがわかります。

DropBoxにも、同じファイルがあることを確認できます。
いざという時は、こちらのファイルを使えば復活することができますよ。
古いバックアップは適宜削除しておくとわかりやすいです。
バックアップは必ずしておいた方がいいものですので、ぜひぜひお試しください。

サイトを育てる一覧へ